本業宣伝に配当加えられ

三星(サムスン)生命は、三星(サムスン)金融部門の1四半期に約2兆ウォンに達するまで、三星(サムスン)金融部門の最高年を予告した。国内最大の金融持株であるKB金融よりなんと7000億ウォンが多い。

三星生命は14日、今年第1四半期連結ベース1兆880億ウォンの当期純利益を記録したと公示した。前年同期比373.2%以上の成長を見せ四半期ベースで歴代第二規模の実績を出した。

最大の実績は、過去2016年第1四半期に、当時の純利益は1兆2401億ウォンだった。当時、三星生命は三星電子の三星カード持分37.45%(4339万株)を追加買い入れ、一回限りの利益効果が発生した。

今回は配当金のおかげで、三星電子の普通株持分を8.51%(特別アカウント、優先株を除く)保有している三星生命は、第1四半期中に三星電子から8000億ウォンの特別配当金を受け取った。先にサムスン電子は、2020年決算配当で合計13兆1243億ウォン規模の配当を実施した。既存の決算配当の普通株株株当たり354ウォンに特別配当週1578ウォンを加え支給したものである。

一回限りの要因である三星電子特別配当を除いても、純利益は4406億ウォンを記録、前年同期(2299億ウォン)に比べ91.6%増加した。

サムソンガの長兄格三星生命まで好実績を出しながら、サムスン金融系列会社は一斉に歴代最高の実績を記録することになった。三星生命と火災、証券、폰테크 カードの4社が今年第1四半期に収めた純利益は、計1兆9469億ウォン(火災だけでは別途、残り連結基準)に達する。三星生命が最高収益を出した2016年第1四半期(1兆6728億ウォン)よりも多い。

KB金融は、第1四半期の純利益1兆2701億ウォンを記録し、三星(サムスン)金融4社は、これより約6800億ウォンも多く稼いだ。さらにハナ金融8344億ウォン、ウリ金融6716億ウォンを合わせた1兆5060億ウォンよりも多い。

昨年第1四半期だけでも、三星金融4社は5215億ウォンを稼ぎ、新韓金融(9324億ウォン)、KB金融(7295億ウォン)を下回った。

三星生命のほかに、火災や証券は過去の四半期業績を更新した。三星火災は4315億ウォンの純利益を記録した。三星電子の特別配当(1400億ウォン)を除いても、昨年第1四半期の2倍以上に増え、第1四半期最大規模の利益を達成した。

三星証券も証券市場活況のおかげで1776%増の2890億ウォンを獲得した。特にリテール部門で手数料利益を大きく友好的な市場環境と営業活動に支えられ、史上最大の実績を更新した。

三星カードは1384億ウォンの純利益を記録し23.4%成長した。カード会員数の増加と利用効率の改善効果である。歴代最高の実績はありませんが、コロナ19で困難な消費環境でもセーブしたという評価だ。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다